Hobby's World

ホビーズワールドはデジスコとバードウォッチングの専門店。品揃えが自慢です!

商品カテゴリ

カテゴリーバーの使い方

日本鳥類調査バナー
HOME»  望遠鏡の選び方

望遠鏡の選び方

 

双眼鏡では判別の難しい遠方の対象や、細部の特徴を確認することが出来る望遠鏡。
ここでは、バードウォッチングに用いることを前提とした望遠鏡の選び方を解説します。

〈ステップ0〉 スコープを使って野鳥観察するには何が必要?
最低限、この4点があればOKです!
望遠鏡は、それ本体だけでは使えず、必ず接眼レンズと組み合わせて使用します。
望遠鏡での観察は、20~60倍と双眼鏡よりもずっと高倍率になるため、基本的に手で持って使うことは出来ません。望遠鏡を自在に動かすための雲台と、これらを支える三脚とセットで使用します。
 

〈ステップ1〉 望遠鏡の大きさを選ぶ
対物レンズの大きさ(クラス)で大きく3つに分けられます
望遠鏡は、対物レンズの大きさによって以下の3つのクラスに分けられます。
鳥見スタイルや自分の体力、求める見え味を考慮しながら、まずはクラスを絞りましょう。
コンパクトクラス
(対物レンズ50mmクラス)
中口径クラス
(対物レンズ60mmクラス)
大口径クラス
(対物レンズ80mmクラス)
抜群の携帯性が一番の魅力

≪長所≫
中口径クラスの1/3ほどしかない軽さと、500mlペットボトルほどの小ささ。手頃な価格。

≪短所≫
口径が小さいがゆえの暗さ。製造しているメーカーが限られている。
バランスのとれた定番クラス

≪長所≫
コンパクトクラスほど暗さが気にならず、大口径クラスほど重たくない、バランスの良さ。

≪短所≫
裏を返せば、大口径クラスよりも暗く、コンパクトクラスよりも重たい、と言えなくもないが…。
見え味を最重視するなら迷わずこのクラス

≪長所≫
明るく、高解像の画質が得られ、その性能は悪条件下ほど実感できる。

≪短所≫
大きく重たく、高価になる。また被写界深度※1が狭くなるので、デジスコではピント合わせがシビアになる。
三脚・雲台すべて含めた総重量
1.0~1.5kg 2.5~4.5kg 3.5~5.5kg
三脚・雲台すべて含めたご予算
¥65,000~170,000 ¥130,000~350,000 ¥200,000~500,000
※1 被写界深度とは、ピントが合う(合っているように見える)奥行きの幅のこと
~重さも価格も、なんでこんなに幅があるの?~
望遠鏡のメーカーによって価格に差があることはもちろんですが、重さ、価格ともに意外に影響するのが三脚です。
カーボン製の三脚を選らんだ場合、重量は軽くなりますが、価格はアルミ製の倍以上になります。逆にアルミ製を選んだ場合は、やや重たくなりますが、価格がぐっと抑えられます。
詳しくは「三脚・雲台の選び方」をご覧下さい。
 

〈ステップ2〉 直視型か傾斜型かを選ぶ
望遠鏡には直視型(ストレートタイプ)と傾斜型(アングルタイプ)の2種類があります。
直視型(ストレートタイプ)
~接眼レンズまでが一直線~
傾斜型(アングルタイプ)
~接眼レンズ取付部分が45度上に傾斜~

≪長所≫

初心者でも、導入が比較的容易。収納時もよりコンパクトに収まる。デジスコにも向いている。日本で主流。

≪短所≫
長時間観察していると、肩や首に負担がかかる。
≪長所≫
長時間観察しても、肩や首への負担が少ない。欧米で主流。

≪短所≫
特に慣れないうちは、導入が難しい。デジスコには向いていない。
 

〈ステップ3〉 接眼レンズを選ぶ
単焦点タイプ、ズームタイプの2種類があります。
単焦点接眼レンズ
~倍率が固定~
ズーム接眼レンズ
~倍率が可変出来る~
≪長所≫
明るく、広い視野が確保できる。構造がシンプルなので、解像力もズームより高い。特にデジスコでは必須。
≪短所≫
倍率を変えられないので面白みに欠ける。
メーカーによっては製造していない※2
≪長所≫
低倍率で対象を探し、倍率を上げて細部まで観察する…といった観察の楽しみが味わえる。
欧米で主流。
≪短所≫
同じ倍率であっても単焦点よりも暗く、視野は狭くなる。
※2 近年スワロフスキー、ライカは単焦点接眼レンズの製造を終了してしまいました。それだけ欧米で単焦点レンズの需要が無いということでしょうが、こうしたメーカーのズーム接眼レンズの性能が飛躍的に上がってきているのも理由の一つに挙げられます。
最新のズーム接眼レンズでは、数年前の単焦点に迫るほどの広視野を実現しているものもあり、今後も性能の向上が期待されます。
 

〈ステップ4〉 メーカー別に比較
接眼レンズ、撮影用アダプターの充実度、保証を比較してみましょう
〔接眼レンズ、撮影用アダプター一覧〕
  接眼レンズの
バリエーション
純正デジスコ
アダプター
デジスコドットコム製デジスコアダプター ビデスコ用
アダプター
一眼レフ用
アダプター
ニコン 単焦点:○
ズーム:○
×
コーワ 単焦点:○
ズーム:○
スワロフスキー 単焦点:×
ズーム:○
× ×
ツァイス 単焦点:○
ズーム:○
× ×
ライカ 単焦点:×
ズーム:○
× × ×
ビクセン 単焦点:○
ズーム:△
×
○:用意されている ×:用意されていない
△:用意されているが、好条件でないと使用は難しい。もしくは使用出来る機種が非常に限られる。
〔保証比較一覧〕
  ニコン コーワ  スワロフスキー カールツァイス ライカ ビクセン
望遠鏡本体 1年間 1年間※3 10年間 10年間 5年間 5年間
接眼レンズ 規定なし 規定なし 5年間 規定なし 2年間 規定なし
※3 コーワは自社が運営する「プロミナークラブ」に登録すると2年間に延長


コンパクトクラスの
望遠鏡一覧へ

中口径クラスの
望遠鏡一覧へ

大口径クラスの
望遠鏡一覧へ