ホビーズワールドは野鳥撮影とバードウォッチングの専門店。品揃えが自慢です!

商品カテゴリ

カテゴリーバーの使い方

日本鳥類調査バナー
長靴ミニバナー 2017決算セールミニバナー ギフトミニバナー
HOME»  書籍・CD・DVD»  台湾山野の鳥 常見100+特有種

台湾山野の鳥 常見100+特有種

台湾の身近な野鳥(山野の鳥)100種に加えて、台湾の固有種27種を掲載したポケット図鑑です。
また、台湾の代表的な種や鳥類相を知る上でも、気軽に求められる1冊だと思います。
本文は中国語(漢字)で書かれていますが、種名は学名や英名も記されています。

  • 発行:(社)台北市野鳥学会
    サイズ:178×117mm・厚さ8mm
    128ページ
    2015年12月

    台湾の身近な野鳥・100種、台湾固有種27種を掲載したポケット図鑑です。
    日本ではおなじみの、文一総合出版のハンドブックシリーズとほぼ同じ大きさで、ポケットに入れても余裕で持ち運べるサイズです。
    各種1枚の写真に特徴、習性、生息場所が簡潔に解説されています。
    巻末には、「台湾特有種鳥類」と題して台湾の固有種がまとめて紹介されています。
    身近な種に絞って扱ってますし、常に持ち歩くのに最適です。
    また、台湾の代表的な種や鳥類相を知る上でも、気軽に求められる1冊だと思います。
    本文は中国語(漢字)で書かれていますが、種名には学名や英名も併記されています。英語が苦手な方には、馴染みのある漢字の方が、意味が分かりやすいかも知れません。


    旧著「台湾常見100種鳥類」との比較

    ・本書は「山野の鳥」のタイトル通り、「台湾常見100種鳥類(以下旧著)」に掲載されていたレンカクやシギ類、カモメ類などの水鳥は掲載されていません。しかし掲載種数は旧著が124種に対して、本書は127種とむしろ3種増えています。台湾赤腹山雀(台湾産のヤマガラ)やツツドリなどが新たに加わった結果です。
    ・旧著は1種につき写真1枚だけでしたが、本書は雌雄で羽色が異なる種の多くは、その両方が掲載されています。ページレイアウトも見直され、鳥の姿がぐっと大きくなりました。
    ・ページ数は旧著の88ページに対して、128ページと大幅に増え、厚みも2mm程度増しています。
    ・解説は、旧著の「特徴」、「習性」、「棲地」に加えて、「別名」も加わりました。



    雌雄で姿形が異なるものは、極力両方掲載されています(最大1種につき2枚)。


    台湾に行ったら出会いたいミカドキジも雌雄で登場!ページレイアウトも見やすく工夫されています。


    右下はヤマガラによく似ていますが、台湾固有種です。


    【↓こちらは旧著「台湾常見100種鳥類」↓】
    台湾常見100種鳥類中
    本書と比較すると、バリエーション写真に乏しく鳥の姿が小さめです。

関連商品