ホビーズワールドは野鳥撮影とバードウォッチングの専門店。品揃えが自慢です!

商品カテゴリ

カテゴリーバーの使い方

日本鳥類調査バナー
国産照準器フェアミニバナー 長靴ミニバナー
HOME»  書籍・CD・DVD»  人吉市の山翡翠 -人吉市におけるヤマセミと人間の共創-

人吉市の山翡翠 -人吉市におけるヤマセミと人間の共創-

日本一の水質を誇る清流「球磨川」が流れる熊本県の人吉盆地は、高密度でヤマセミが棲息しています。人吉ではヤマセミと人との距離が近く、上手く共存しながら生活しています。ただヤマセミの写真を集めた写真集ではなく、ヤマセミの生態や人と共存する様子を捉えた写真1枚1枚に解説を添えて紹介していく、ヤマセミの"生態写真集"です。
 

  • 人吉市の山翡翠 -人吉市におけるヤマセミと人間の共創-

  • 販売価格

    1,620円(税込)

  • 購入数

カートに入れる(大)
  • 一般書店では手に入りません!
    読んだら人吉を訪ねたくなるヤマセミの生態写真集です。
     


    -----------------------------------
    著者: 新庄 俊郎
    発行: プラスエール(自費出版)
    サイズ: 縦 210×横 210×厚さ 12mm
    ページ数: 124ページ
    発行年月日: 2017年1月31日
    -----------------------------------

    本来ヤマセミは人里離れた山奥に棲息する希少な鳥ですが、熊本県人吉市の人吉盆地では、日本一の水質を誇る球磨川流域を中心に、ヤマセミが街中を毎日飛び回っています。人吉市は2017年3月に市の鳥として、ヤマセミが制定され(人吉市のHPより)、肥薩線では、2017年3月4日から観光特急「かわせみ やませみ号」が運行されています。

    著者は2010年から球磨川流域を中心に、多い年には年間10回も東京と人吉を往復してヤマセミの観察・撮影を繰り返し、生態について調査研究を重ねられています。

    10万カットを超える画像の中から、人吉市の街中や人吉市民の方々とヤマセミとの共創と生態に関連する写真を中心にまとめ、写真には1枚1枚解説が添えられているので、ヤマセミの生態や人吉での生息状況について垣間見ることができます。

    以下に内容の一部を紹介します。見たらきっと人吉に行きたくなるはずですよ♪

     

     

    人の生活と共存していることが分かります。



    人吉では釣り人のすぐ近くで当たり前に見られるようです(羨ましい...)



    アカショウビンやヤマショウビンの姿も...!




    左の鳥居は通称ヤマセミ神社というそうです
     

関連商品