ホビーズワールドは野鳥撮影とバードウォッチングの専門店。品揃えが自慢です!

商品カテゴリ

カテゴリーバーの使い方

日本鳥類調査バナー
国産照準器フェアミニバナー 長靴ミニバナー
HOME»  迷彩・ブラインド»  LensCoat レンズハイド・ライト Realtree Max4

LensCoat レンズハイド・ライト Realtree Max4

頭から被って機材ごと覆う簡易ブラインド、「レンズハイド」の軽量バージョンです。
従来品の1.13kgに対して、こちらは0.77kgに抑えおさえられています。
 
  • 一眼レフレンズ用カバーでおなじみのアメリカLens Coat社が手掛ける新ツール、「レンズハイド」の軽量バージョンです。
    撮影者が機材ごと被って使用する簡易ブラインドですが、顔周辺がメッシュ生地になっていたり、カメラ近くから手を出すことが出来るファスナーが設けられていたりと、各部に撮影を快適に行うための工夫がされています。
    収納時はB4サイズまで小さくなり、フレームが無いことと、従来品よりも薄手の生地を採用しているため、重さは0.77kgしかありません。
    ブラインドを持っていくことが困難な場所や、ご旅行用のカモフラージュアイテムとして重宝しそうです。
    柄はリアルツリー柄のみで、生地に防水性能はありません。

    【仕様】
    頭頂部から裾までの高さ:約170cm 
    (身長170cmのスタッフが直立した状態でも余裕でカメラを構えられます。)
    背中にあたる部分から対物レンズ部分までの幅:約100cm
    裾部分の幅:約130cm
    ※数値は大まかな実測値です。

    【「レンズハイド ライト(本製品)」と「レンズハイド(従来品)」の比較】
    店頭で逆光時に比較写真を撮影しました。
    各々、機材だけの場合と人も入っている場合を撮影しています。
    レンズハイドライトでは、光が多く通り、機材や人のシルエットが透けているのがわかります。
    なお、レンズハイドライトとレンズハイドは、使用している生地以外はまったく同じ商品です。


    レンズハイド比較


    ----------以下の解説の画像はレンズハイド(従来品)を用いています--------
     

    レンズハイドの特徴
    レンズハイドの中イメージ
    内部のイメージ

     
    レンズハイドメッシュ部分
    顔周りはぐるりとメッシュ生地になっています。

    レンズハイド内側からの視界
    内側からの視界は良好で、照準器のドットも確認できます。



    レンズハイド開口部
    カメラボディ上部と前面はマジックテープで開閉できます。


    レンズハイドファスナー開き
    メッシュ前側は内側からファスナーで開くので、このように手を出すことが出来ます。
     
    レンズハイド後頭部
    頭頂部にあたる部分は丸くキャップ状に縫製されており、位置ずれを防ぎます。
    レンズハイドコード部分
    対物レンズ部分はドローコードで調整可能。
    ただし、400mmF5.6クラスやスコープでは一番小さくしてもあまってしまうので、
    500~600mmF4クラスでの使用を想定しているようです。


    レンズハイド長さが不足する場合
    800mmF5.6クラスでは、長さが足りずこのようにフードを出して使う格好になります。


    レンズハイド寸法
    ファスナーまでの長さ
     
    レンズハイドポーチ表
    側面ポケットが収納ケースになる作りです。(下記収納手順動画を参照ください)
    収納時はおおよそB4サイズ(34×24cm程度)、厚みは5cm程度です。



    レンズハイド_フィールド撮影
    秋~冬のフィールドに溶け込むリアルツリー柄です。
     

  • 〔設営手順 (1分10秒)〕


     

    〔収納手順 (1分32秒)〕

     

関連商品