ホビーズワールドは野鳥撮影とバードウォッチングの専門店。品揃えが自慢です!

商品カテゴリ

カテゴリーバーの使い方

日本鳥類調査バナー
 
クレジットカード不正利用防止の為、高額注文についてはカード会社に確認を入れさせていただきます。
長靴ミニバナー コーワスコープフェア2019ミニバナー ギフトミニバナー
HOME»  三脚・雲台»  ジッツオ 2ウェイフルード雲台 GHF2W

ジッツオ 2ウェイフルード雲台 GHF2W

驚きの軽さ590gを実現した、フルード2ウェイ雲台が登場しました。滑らかな動きと7段階調節可能のカウンターバランス機能搭載により、中口径クラスのスコープや、100-400mmクラスの望遠ズーム撮影システムに最適な仕様です。

 

  • ・重さ590gの軽量フルード2ウェイ雲台
      ※ フルード雲台: 粘土の高い油やグリスなどを使用した、滑らかな動きの雲台
      ※ 2ウェイ雲台: 2方向(①上下、②左右)に角度調節可能な雲台

    ・カウンターバランスはON(7段階調節)/OFF可能
      ※ カウンターバランス: 前後の重量バランスに反発する力。後方が重い際には前方へ反発力を高めると
                   前後バランスが均衡してスムーズな操作ができる

    ・中型スコープや、100ー400mmクラスの望遠ズーム撮影システムに最適
    アルカスイス互換プレート対応



    【特長】

    ・強力かつ軽量

    GHF2Wのボディは剛性と軽量性に優れたマグネシウム製で、自重はわずか590g。アウトドア用途に最適な雲台で、性能と携帯性のどちらも妥協する必要はもうありません。ジッツオならではの優美で洗練されたスタイルを尊重してデザインされています。


    ・パンバー付属、なめらかな動き

    付属のパンバーは、撮影スタイルに応じて向きを変えたり脱着したりすることができます。パンバー固定ノブは手で回せるため、工具やコインは要りません。
    雲台内のフルードカートリッジの働きにより、動いている被写体を追う際に、ぎくしゃくせず、快適に観察や撮影が行えます。側面のティルトロック(外側)とパンロック(内側)のノブはラバー付きで、快適に操作できます。


    ・アルカスイス互換プレートが付属

     
    長さ70mmのラバー付きアルカスイス互換プレート「GS5370DR」が付属します。別売りの140mmロングプレート「GS5370LDR」を使えば、柔軟に前後バランス調整が行え、最大3つのカメラネジが使用できます。さらに他社製のアルカスイス互換プレートの多くが装着可能です(例えば、「マーキンス」の各種レンズプレートなど)。
    ※雲台側のセーフティピンが干渉する場合は、取り外しが必要です。
    ※従来のジッツオ・マンフロット互換のプレート(GS5370LC・501PLなど)はお使いいただけません。
    ジッツオ GHF2W


    ・カウンターバランス調整

    カウンターバランス調整ノブにより、カウンターバランスのオンオフと、-3~+3の7段階のカウンターバランス調整が行えます。手を離した位置で機材が静止し、快適・安全に撮影が行えます。

     
    ジッツオ GHF2W




    ・推奨三脚

    堅牢ながら軽量なジッツオ マウンテニア三脚との組み合わせに最適です。さらに剛性が必要な場合は、システマティック三脚と組み合わせて使用することもできます。


     
    ジッツオ GHF2W ジッツオ GHF2W
    ジッツオ GHF2W
     ジッツオ GHF2W  ジッツオ GHF2W
     ジッツオ GHF2W  ジッツオ GHF2W



    【仕様】

     素材:マグネシウム
     高さ 5.5cm
     自重 0.59kg
     最大耐荷重 4kg
     ティルト角 +90°-60°
     三脚取付部:直径60mm 3/8インチ太ネジ穴
     パンバー(パン棒)付属
     付属プレート:GS5370DR(アルカスイス互換・長さ70mm・1/4ネジ・太ネジアダプター)

    保証:1年(オンライン登録で最長7年間=基本保証1年+条件付き延長保証6年)→詳細はこちら
     


  • = ライバル&従来機との比較 =

    ジッツオ GHF2W
    左から順に、当機種 GHF2W、従来機 G2180、レオフォト BV-10
    大きさは、従来機G2180からひと回り大きくなった印象。
    重量は、左から、590g、540g、760g。



    ジッツオ GHF2W
    左から順に、従来機 G2180、当機種 GHF2W、レオフォト BV-10
    横幅は、GHF2WとG2180がかなり幅広い印象。パンノブを外すとスリムになる。
    ちなみに、パンの動きは、レオフォト BV-10と同等の粘り具合です。



    ジッツオ GHF2W
    左から順に、従来機 G2180、当機種 GHF2W、レオフォト BV-10
    プレートの長さは、G2180=約40mm、GHF2W=70mm、BV-10=90mm。





    装着例

    ジッツオ GHF2W 
    スワロフスキー STX 85のような大口径スコープでもしっかりと支えてくれます。
    ティルト(上下)固定ノブをフリーにした状態では、カウンターバランスをONにしても傾ければ当然お辞儀はしてしまいますが、少しティルトノブを締めれば傾斜を付けても止まるので、問題なく使用できそうです。


    ジッツオ GHF2W
    キヤノン EOS 7D+コーワ 500mm F5.6FL望遠レンズでも問題なく載せられました。
    ティルト(上下)固定ノブをフリーにした状態では、カウンターバランスをONにしても傾ければお辞儀はしてしまいますが、少しティルトノブを締めれば傾斜を付けても止まります。カメラボディを掴んで振り回すタイプの使用でしたら、問題なく使えます。
    パンハンドルを外すと、一気にスリムな印象になります。
      

関連商品