ホビーズワールドは野鳥撮影とバードウォッチングの専門店。品揃えが自慢です!

商品カテゴリ

カテゴリーバーの使い方

日本鳥類調査バナー
長靴ミニバナー 2017春のバードウォッチング入門応援フェアミニバナー ギフトミニバナー
HOME»  双眼鏡»  【お取り寄せ】ニコン モナーク5 12×42

【お取り寄せ】ニコン モナーク5 12×42

【お取り寄せ】商品の発送まで2~5日程度頂戴します。メーカーへ納期確認後、ご連絡いたします。

この価格帯で“ED”(特殊低分散ガラス)レンズを対物レンズに採用した、「MONARCH (モナーク)シリーズ」の中で最もコストパフォーマンスに優れたモデルです。
当機は、シリーズ初となる12倍モデルになります。

 

 

  • 【お取り寄せ】ニコン モナーク5 12×42

  • 販売価格

    38,880円(税込)

  • 定価

    48,600円(税込)

  • 購入数

カートに入れる(大)
  • この価格帯で“ED”(特殊低分散ガラス)レンズを対物レンズに採用した、「MONARCH (モナーク)シリーズ」の中で最もコストパフォーマンスに優れたモデルです。
    当機は、シリーズ初となる12倍モデルになります。


    【特長】

    ◎明るく自然な見え味
    光学系には新たにED(特殊低分散)ガラスを対物レンズに採用し、色にじみの原因となる色収差を補正しています。高反射誘電体多層膜を採用した補助プリズムと、位相差補正コーティングを施したダハプリズムにより、明るく自然な色調と鮮明な視界を実現しています。
    また、すべてのレンズ、プリズムに施した多層膜コーティングにより、明るい視界を実現しています。

    ◎高い耐久性能と使いやすさ
    本体内部に窒素ガスを充填することによって、雨や水しぶきで本体が濡れても、光学系の内部に曇りやカビが生じにくい防水構造になっています。
    また、アイレリーフ※が長く、ハイアイポイント設計のため、眼鏡をかけたままでも広い視界が得られ、見やすくなっています。
    ※双眼鏡をのぞいた時、全視野がケラレなく見える目の位置から接眼レンズまでの距離。
    接眼目当てに、クリック付ターンスライド(回転繰出し)方式を採用しているため、眼鏡使用者に限らず、裸眼でものぞきやすい位置で目当てを顔にフィットさせることができます。
    紛失防止に配慮したフリップダウン式対物レンズキャップを採用しています。

    ◎軽量・コンパクト
    グラスファイバー入りポリカーボネイト樹脂を使用した軽量ボディー。
    定番機種「MONARCH III」よりも、さらに軽量化、「8×42」は20g軽い590g、「10×42」「12×42」は共に、10g軽い600gを実現しました。サイズも同クラスの中ではコンパクトで、可搬性に優れます。

    【仕様】
    倍率:12倍
    対物レンズ径:42mm
    実視界:5.0°
    見かけ視界:55.3°(60.0°)
     ※見掛け視界:ISO14132-1:2002に基づいた新表記数値。( )内は従来表記数値。
    1,000m先の視野:87m
    ひとみ径:3.5mm
    明るさ:12.3
    アイレリーフ:15.1mm
    最短合焦距離:2.5m
    眼幅調整範囲:56~72mm
    幅:129mm
    高さ:145mm
    重さ:600g
    窒素充填完全防水設計
    クリック付回転繰り出し方式見口
    〈付属品〉
    ケース、ストラップ、対物・接眼キャップ
    〈保証〉
    1年



  • ・上位モデル モナーク7との違いは?
    対物レンズにEDレンズ採用の両モデルですが、見かけ視界がモナーク5は47.5°に対して、モナーク7は58.4°と広い視界を確保しています。逆に重量は、モナーク7の650gに対して、モナーク5は60g軽い590gに抑えられています。

    ・従来機 モナークIIIとの違いは?
    モナーク5は、対物レンズにEDレンズを採用した点が最も大きな違いです。
    山の稜線、暗がりに佇むコサギなど、明暗の激しいものを見比べた場合に、モナークIIIでは輪郭がほんの少し紫がかって見えるのに対して、モナーク5はよりくっきりとエッジが立って見えます。
    また、僅かですがモナーク5の方が重量も軽くなっています。(8×42で10g、10×42倍で20g)

    ・倍率は何倍が良いの?
    倍率が低い8倍の方が、より視野が広く、明るく見えます。また、手ブレも倍率が低いほうが影響を受けません。
    倍率が高い方が、より大きく見えるので、8倍では確認できない特徴が12倍でははっきり分かるということは確かにあります。
    初心者の方や山や林、都市公園がフィールドの方は、8倍をオススメします。
    広い河川や草原、干潟などの広い場所での観察や航路などでの海鳥観察では、より倍率の大きな10倍や12倍が活躍します。
    望遠鏡は使わず、双眼鏡1本で観察する場合にも、12倍は頼りになります。
    経験や探鳥スタイル、手持ちの双眼鏡の有無によってご選択下さい。
     

    モナークシリーズ比較

    左からモナーク7、5、III(いずれも8x42モデル)

     

    左から、モナーク5の8倍、10倍、12倍。サイズや重量にほとんど差はありません。


    >>>モナーク5のファーストインプレッションは、こちらのブログ記事をご覧下さい。
     

関連商品