ホビーズワールドは野鳥撮影とバードウォッチングの専門店。品揃えが自慢です!

商品カテゴリ

カテゴリーバーの使い方

日本鳥類調査バナー
2019ブラインドフェアミニバナー 2017春のバードウォッチング入門応援フェアミニバナー ギフトミニバナー
HOME»  書籍・CD・DVD»  【完売】北海道の海鳥1 ウミスズメ類(1)

【完売】北海道の海鳥1 ウミスズメ類(1)

情報の少ない海鳥の識別や生態が詳細に解説された「NPO法人日本野鳥の会十勝支部」発行の図鑑シリーズ。
1冊目となる本書ではウミスズメ類(の中のウミガラス類、ウミバト類、マダラウミスズメ類、ウミスズメ類、ヒメウミスズメ類)を扱っています。

  • 著:千嶋淳
    イラスト:鈴木瑞穂
    NPO法人 日本野鳥の会十勝支部
    B5サイズ、55ページ
    2013年10月31日発行

    シギチドリ類、カモメ類、ムシクイ類など、「マニアック」と呼ばれる鳥たちは数多くいますが、中でも一際縁遠く感じられてしまう“海鳥”。
    観察する機会が少ないことに加え、詳細な資料が無いというのもその要因の一つかもしれません。
    北海道での海鳥調査・撮影を行ってきた著者も「海鳥の識別や生態について気軽に読める本が少なく、図鑑や論文に書いていないことが数多くある」と痛感し、本書の製作に取り組んだのだそうです。

    前半は、ウミスズメ類全体の分類と進化、形態、分布、生態などを述べた「総論」、後半は各種の特徴、類似種との識別、分布と生態、多数の写真(撮影日入り)などについて述べられています。
    各種の計測値は、全長・翼開長はもとより露出嘴峰、ふ蹠長、尾長、体重にまで及び、換羽についても「早い個体は2月から夏羽への換羽がはじまり、3~4月には体下面が鱗状に黒褐色になる中間羽が見られる(一部略)」といった、図鑑ではわからない詳細かつ具体的な情報が得られます。
    写真は、多くの種で夏羽、冬羽、中間羽、飛翔のバリエーションをカバーしています。

    日本語で書かれ、入手が容易なものとしては、現在日本で最も詳しいと言って良いのでしょう。
    続編が楽しみですね。

    【目次】
    ウミスズメ類:総論
     分類と進化
     形態
     分布
     生態
     ウミスズメ類と人間
     野外での見分け方
     ウミスズメ類の四季/道東太平洋を例に
    ハシブトウミガラス
    ウミガラス
    ウミバト
    ケイマフリ
    マダラウミスズメ
    ウミスズメ
    カンムリウミスズメ
    ヒメウミスズメ
    ハジロウミバト
    コバシウミスズメ
     
    北海道の海鳥1_中身1
    「総論」の分布と生態について書かれた1ページ


    北海道の海鳥1_中身2
    「ウミガラス」のページ


    北海道の海鳥1_中身3
    「ウミバト」の写真ページ

関連商品