ホビーズワールドは野鳥撮影とバードウォッチングの専門店。品揃えが自慢です!

商品カテゴリ

カテゴリーバーの使い方

日本鳥類調査バナー
長靴ミニバナー 2017夏コーワフェア_ミニバナー
HOME»  フィールドグッズ»  【今季完売】シンコウカンジキ SK2(L型)

【今季完売】シンコウカンジキ SK2(L型)

リピーター続出!豪雪災害で自衛隊が使用した実績もあるほどの高性能カンジキです。

  • 「歩くうちにだんだん重たくなってきた・・」
    「カンジキを持って車に乗ったら車がびしょびしょ・・」
    「カンジキは使ったあと乾燥させるのが面倒・・」

    そんな不満を一気に解決させてしまうのが、このシンコーカンジキです。
    特許の山型構造は、足を上げた時に丁度雪が抜ける角度に計算されています。また耐衝撃性ナイロン樹脂素材の為、乾燥の手入れ一切不要。
    すでに他のカンジキやスノーシューを使ったことがある方はシンコーカンジキの性能に驚いてしまうはずです。

    【特徴】

    優れた素材「耐衝撃ナイロン」
    耐衝撃性ナイロン樹脂素材のため軽量で雪の付着が少なく、耐寒性ー30℃と厳冬に強く弾力性にすぐれています。使用後は乾燥などのお手入れは一切不要です。
    特許(No.3007225)の山型形状
    雪抜けが良く沈みにくくなっているため膝・腰への負担が軽減され、長期間歩いても疲れにくいのです。何日も山々を歩き回る猟師さんのお墨付きです。
    脱着が簡単
    これまでのカンジキやスノーシューで、金具が割れてしまった、雪がついて動かなくなってしまった、という経験はありませんか?シンコウカンジキの頑丈なナイロンテープとシンプルな構造の止め具は、手袋をしたままの脱着も容易です。
    それなのに、ほどけてくることは殆どありません。
    改良の末誕生した「補助ベルト」
    SK2には、「補助ベルト」が付属します。
    本来はナイロンベルトだけでもしっかり固定できますが、靴(足)の大小によりカンジキと靴との間にわずかな遊びが生じることがあります。これによって、歩いている間に靴が左右に動いてしまうのを防止するのが、この補助ベルトです。
    とくに斜面などを歩く時に威力を発揮します。
    柔軟性があり、ゆるみにくいゴムバンド
    幅広のゴムですが、不思議と圧迫感は感じられません。また、一度ご自身の靴の大きさに調整すれば手で持ち上げるだけで靴が入ります。

    【装着手順】

     
    ゴムバンドに足を入れ、靴に合わせてしっかり固定する。 赤いナイロンベルトを靴の後ろで交差させ、手前に持ってくる。 あらかじめ一方のベルトについているバックルに、もう一方のベルト先端を通す。
     
    左右のベルト先端を引き出し、ベルトと靴を密着させる。 あまったベルトの先端を折り返してバックルに通す。 完成!
    (SK2の場合は、この後補助ベルトをつけることもできます)

     
  • 【セット内容】
    本体(標準爪)、ゴムバンド(バックルつき)×2、ナイロンベルト×4、バックルベルト×2、補助ベルト×2

    【仕様】
    大きさ:縦42.2cm 横22.5cm
     内側の大きさ:縦37.4cm 横13.2cm(土踏まず部分約10.5cm)
    重さ:900g

    SK1との比較】

     
    SK2は、より幅の大きい雪靴、登山靴などでの使用にも対応しています。逆に長靴で使用する場合は、補助ベルトなしでは不安定になってしまうことがあります。
    また、SK1よりもひと回り大きい分、表面積が大きく雪に沈みにくいので、体の大きい方、重たい荷物を持つ方、新雪での使用に適しています。

    さらに、SK1には装着できない補助ベルトやオプションの長爪が利用可能です。
    左:SK1/右:SK2
     

    【SK2用 別売りオプション】
    ・長爪(左右両足分:4本セット) ¥2,100(税込)
    ・ナイロンベルトセット(左右両足分:ナイロンベルト4本、バックルベルト2本セット) ¥1,050(税込)
    ・補助ベルトセット(左右両足分:2本セット) ¥525(税込)
    ・ゴムバンド バックルつき(左右両足分:ゴムバンド・バックル各2) ¥1,890
    ・専用カバー  ¥525(税込)

    ・・・・製作秘話・・・・
    東京育ちの開発者は、不慣れな雪国での生活でどうしてもカンジキが必要になりました。高級品から手づくりの品までさんざん試しましたが、満足いくものには出会えません。
    そこで自分と同じようにカンジキに慣れていない者でも使い勝手がよく、歩きやすいカンジキは出来ないものかと、雪山を知り尽くした猟友会の協力のもと、試行錯誤のすえ完成させたのがシンコーカンジキSK1です。
    更にSK1発売後、全国からよせられた多くの感動と助言の声をもとに改良されたのがこのSK2です。
    今では猟師さんはもちろん、登山家や山岳写真家、渓流釣りの方、スノーボード、スノートレッキング、スノーシューズとしてなど、さまざまな分野で愛用されています。

    カンジキフィールド写真1

    カンジキフィールド写真2

    カンジキフィールド写真3

関連商品