ホビーズワールドは野鳥撮影とバードウォッチングの専門店。品揃えが自慢です!

商品カテゴリ

カテゴリーバーの使い方

日本鳥類調査バナー
長靴ミニバナー 2017決算セールミニバナー ギフトミニバナー
HOME»  書籍・CD・DVD»  韓国の鳥類

韓国の鳥類

韓国図鑑の大定番「BIRDS OF KOREA」の日本語版が誕生しました。
この日本語版、監修を元日本鳥学会会長・藤巻裕蔵さんが務めただけあり、部位名や用語、表現にもこだわりが感じられます。
韓国での探鳥図鑑としてだけでなく、日本海側の離島での探鳥時にも威力を発揮しそうな1冊ですね。

  • 著者:李宇新・具太會・朴眞永
    イラスト:谷口高司
    監修:藤巻裕蔵
    発行:LG常緑財団
    サイズ:182×117mm・厚さ約17mm
    346ページ

    韓国の野鳥450種を扱った、日本語のイラスト図鑑です。
    サイズも装丁も、(財)日本野鳥の会発行の「フィールドガイド日本の野鳥」とほぼ同じ。さらにイラストは日本の図鑑でもお馴染みの谷口高司さんが手がけたというだけあって、使いやすく親しみを感じる図鑑です。
    構成も、ページ左側に解説テキストや分布図、右側にイラストのお馴染みのスタイルで、どなたにも違和感なく使えるはずです。
    本書では、朝鮮半島の鳥事情が分かるだけでなく、時折観察される珍鳥を調べるのにも役立ちそうです。

    〈情報満載!〉
    -------------------------------
    ■種名
    各種について日本語名・学名・英名・韓国名の表示があり、韓国名の後には〈〉でとじた韓国名の読み方が示されています。たとえば、ホビーズワールドのホビー(チゴハヤブサの英名)の場合、韓国語の読みは〈Saeholligi〉だそうです。
    辿々しい発音でも、現地でのコミュニケーションに一役買いそうですね。
    ■巻頭・分類リスト
    分類順に並んだ日本語名と学名のリストがあり、総目録として利用できます。
    ■巻末・索引リスト
    こちらも日本語名・学名・英名・韓国名の4パターンが用意されており、どこからでも検索できる配慮がされています。
    ■巻末・探鳥地ガイド
    日本語版では、巻末の位置図に対応した探鳥地ガイドが、新たに採用されました。いずれも大まかなものですが、探鳥地の案内としてだけでなく、地域や環境ごとの鳥類相を知るにも便利な機能です。
    ■出版元
    出版元のLG常緑財団は、LG財閥の意向を受け、韓国内でも熱心な鳥類保護をしている意識の高い団体です。この本をきっかけに、日本と韓国の鳥を通じた交流が芽生えるといいですね。
    ■価格
    これだけ手間のかかった日本語版ですが、驚くほど、お求めやすい価格設定となっています。


    韓国の鳥類内容

関連商品