ホビーズワールドは野鳥撮影とバードウォッチングの専門店。品揃えが自慢です!

商品カテゴリ

カテゴリーバーの使い方

日本鳥類調査バナー
HOME»  コンテンツ
HOME»  コンテンツ

コンテンツ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

双眼鏡の選び方

バードウォッチングの基本中の基本アイテム、双眼鏡。
身につけている時間の長いものだけに、最も愛着を持ってお使いいただけるアイテムと言えるかもしれません。ここではバードウォッチング・野鳥撮影を前提とした双眼鏡の選び方をご紹介します。
 
 
クラス(対物レンズ径)を選ぶ
  双眼鏡も望遠鏡と同じように、対物レンズの大きさによって3つのグループに分けることが出来ます。
コンパクトクラスの特徴 中口径クラスの特徴 大口径クラスの特徴
なによりも携帯性に優れており、折り畳むと手のひらに収まってしまうものも珍しくありません。バードウォッチングに限らず、美術鑑賞・スポーツ観戦・散歩のお供にと、様々な場面で使用出来、1台あると何かと重宝します。
デジスコや一眼レフでの撮影がメインの方にもおすすめです。
画質と重さ、両方を求める声が高まり、最近注目を浴びているクラスです。
新製品も続々登場し、画質も大口径クラスにひけをとらない機種も登場しています。
重さが負担に感じてからも末永くご使用いただける、幅広い層の方々にお薦めできるクラスです
品質を最重視する方におすすめするクラスです。
これ以上口径が大きくなると明るさは増しますが、重量が増して手ブレが発生しやすくなるため、事実上の最上級クラスと言えます。林内や朝方、夕暮れ時など、条件が悪い時ほど、その威力を感じていただけるでしょう。
 
倍率を検討
  バードウォッチングでは7~10倍が適当な倍率。それ以上は手ぶれが発生してしまい、手持ちでの使用は難しくなります。
一見倍率は高ければ高いほどよいような気がしますが、倍率が高くなる程手ブレが生じやすくなりますし、視界も狭くなります。ある程度離れた対象物を見比べ、どちらがよりはっきり見えるか確かめてください。看板の小さな字を読みとるやり方が効果的です。
「倍率が高くて大きく見えるものの、なかなか字が読みとれない」一方、
「やや倍率は劣るものの、小さいながらはっきり読みとれる」
といったケースもありますので、じっくり比較しておくと安心です。
≪多くの双眼鏡は、同じようなシリーズで8倍と10倍がラインナップされています≫
8倍の特徴 10倍の特徴
倍率を抑えている分視野が広く、鳥を双眼鏡の視界に捉えるのも容易なため、双眼鏡初心者の方にもおすすめです。
また10倍と比較すると明るい像が得られるので、様々な場面に対応出来る万能選手です。
猛禽類、シギ・チドリ類、海鳥など、絶対的に距離のある対象を観察するのに有利です。
一般的に8倍と比較すると、視野は狭く、やや暗くなりますが、機種によっては殆ど気にならないものもあります。
 
価格、画質、デザイン、重さ、保証を踏まえ検討
  外見、見え味、コストパフォーマンス・・じっくり比較して最終検討。
必ずしも価格の高いものがよいというわけではありませんが、価格の差は見え味や目の疲れなどの差となって現れてきます。決して安いものが悪いというわけではありませんし、全体的な品質自体が向上してますので、ご自分の目でお確かめ下さい。
同様に、重さについても仕様上の重さが参考になることはもちろんですが、重量バランスに優れ、持った感じあまり重さを感じない機種もあります。実際に手にとってみられるのが一番ですが、そうもいかない方、どうしてもお悩みの際などには、どうぞお気軽にお問い合わせください。
保証期間早見表
ニコン コーワ  カールツァイス スワロフスキー ライカ ビクセン
1年間 1年間※1 10年間 10年or30年間※2 10年間 5年間
※1 コーワは自社が運営する「プロミナークラブ」に登録すると2年間に延長
※2 スワロフスキーは従来モデルは30年、2010年以降の新モデルは10年。各商品ページをご確認ください。
 
・商品名でどんな商品か分かる
各メーカーによって多少の違いはあるものの、双眼鏡の名称は、その製品の仕様を表しています。これを知っておけば、お目当ての双眼鏡を見つけるのも楽になりますよ。
・双眼鏡の使い方
ただ覗くだけでしょ、と言われればその通りなんですが、初めて双眼鏡を使う方に知っておいていただきたいステップをご紹介します。
①目幅を合わせる
双眼鏡をのぞくと、左右の目でみた視界が2つの円になって見えます。双眼鏡の2本の筒を動かし、2つの丸が重なって、1つになるところを探してください。そこが適正な目幅です。
②ピントを合わせる
たいていの機種で真ん中にあるピントリングを動かし、ピントを合わせます。ちなみにピントは一人一人違います。
③視度調整
以外に見過ごされがちなステップですが、これが原因で「双眼鏡を見ていると気持ち悪くなる」といったことにもなりかねません。詳しくは次の項目で述べます。
機種によってはピントリングを引き出すと視度調整を行えるタイプもあります。
・「視度調整」してますか?
視力検査で、左右の眼で視力が違う、ということがあるように、左右の眼でピントの合う位置が違う方は珍しくありません。そんな方は、視度調整を行う必要があります。
①まず、左目だけで双眼鏡をのぞき、ピントリングでピントを合わせます。(ウィンクできません!と思った方、対物レンズを手で覆ってしまう方法がおすすめです)
②次に、右目だけで双眼鏡をのぞき、視度調整リングをピントを合わせます。
一度あわせてしまえば、使う度にあわせなおす必要はありません。
・「倍率」って言われても・・イマイチぴんとこない方へ
倍率とは、肉眼で観察した時の1/倍率の距離まで近づくのと同じ大きさで見ることを意味します。
例えば倍率8倍の双眼鏡で1000m先の鳥を見たときには「1000mの1/8=125m」になりますから、125mの距離で見たのと同じ大きさで見えているということになります。
・メガネをかけてても双眼鏡は使えます。
アイレリーフ(接眼レンズから視野全体を見渡すことのできる位置までの距離)が長く設計されている製品を選べば、メガネをかけたままでも快適に双眼鏡をご使用いただけます。
最近の双眼鏡はアイカップ(見口)がスライド式で繰り出すものが多く、この場合、裸眼の方は繰り出して、メガネの方は繰り出さずに使います。
アイレリーフの長い双眼鏡はその他にも、のぞきやすく、長時間の観察でも疲れにくいという特徴があります。
反対にアイレリーフが短いと接眼レンズに目を ぴったり近づけなければなりませんから、裸眼の方でも疲れやすく、眼鏡使用の方は視野全体が充分に見ることが出来なくなってしまう場合もあります。
一般に疲れ難いアイレリーフの長さは裸眼の方で10㎜以上、眼鏡使用の場合は15㎜以上と言われています。

撮影機材

BORG(ボーグ) 天体望遠鏡を超望遠レンズとして使う!

 

デジタルカメラ 今、デジスコに使える最新機種をご用意

各種アダプター 各社の接眼レンズやカメラに合わせた自慢の品揃え!

照準器・ステー 利用者急増中!一度使うと手放せなくなる便利アイテム

{C}

レリーズ・ステー 機種専用のステーから汎用性の高いステーまで

{C}

{C} {C} {C} {C}

バランスプレート 撮影システムのバランスを整える名脇役

{C}

{C} {C} {C} {C}
コーワ TSN-BP

コーワ TSN-BP

4,200円(税込)
{C}

フード・フィルター 対物レンズフードから液晶フードまで!

{C}

{C} {C} {C} {C}

バッテリー関連・小物 その他デジスコ関連商品をお求めの方

{C}

{C} {C} {C}
UN ジャパンブロー

UN ジャパンブロー

1,418円(税込)
{C}
{C}

Hobby's ギャラリー・イベント情報

・・フェア商品、季節商品、新入荷商品を展示中です・・
-----------------------------------------------------------------------------------
Hobby's World店舗の一画を利用して、写真や絵などの展示を行ってみませんか?出展料は無料、出展者はアマチュア、プロを問わず広く募集しておりますので、ご自分の作品を出展してみたい方、お気軽にお電話ください。
お問合せ・お申し込み shop@hobbysworld.com
 
● イベント情報
 
野鳥の父・中西悟堂と善福寺池
期間:平成23年 9月10日(土)~12月11日(日)⇒延長決定!2012年2月5日(日) 時間:9時~17時
場所:杉並区立郷土博物館分館

中西悟堂さんと言えば、今から80年以上も前に「人の自然の共生」を実践し、野鳥保護・環境保護活動の先駆者として大きな足跡を遺した方です。「日本野鳥の会」の創設者としてその名を知る方も多いことでしょう。

今回の展示では、世田谷烏山時代の詩人としての創作活動や当時の幅広い文化人との交流、そして昭和4年に井荻町(現杉並区善福寺)に移り住み、善福寺池での野鳥の生態研究や「日本野鳥の会」の設立にいたった経緯などを中心に紹介されます。

会期中には、前「財団法人日本野鳥の会」の理事であり、中西悟堂研究家でもある西村眞一氏による講演会も行われます。

詳細はこちら→杉並区立郷土博物館 催し物ページへ

---------------------------------------------------------------------------
〔予約制〕 落石 ネイチャークルーズ
期間:通年の金・土・日・祝日/1日2便 (12月27日~1月6日をのぞく)
場所:落石漁業協同組合 エトピリ館

地元漁師が操る漁船に乗り根室の海を満喫する、2010年からスタートしたクルーズです。
北海道天然記念物に指定されているユルリ・モユルリ島の風景や、エトピリカ、ケイマフリ、ウミガラス、コアホウドリなど海鳥、時にはクジラやアザラシなども観察出来る、魅力いっぱいの
約2時間30分のコースです。


定員は12名で、最低3名からでも対応してくれます。
季節ごとに異なる鳥たちを求めて、早くもリピーターさん続出とか・・・
これは道東探鳥コースに入れない訳にいかないですね。

ちなみに料金は大人7,000円、小学生5,000円です。

詳細はこちら→落石ネイチャークルーズHPへ

-----------------------------------------------------------------------------------
Hobby's WorldではHPやメールマガジンで鳥や自然にまつわる幅広いイベントをご案内しています。例えば写真やイラストなどの個展、学会やシンポジウム、学園祭など、「ぜひ、たくさんの方に知って欲しい!」というイベントがございましたら、お気軽にご一報ください。微力ながら、Hobby's Worldが全力で宣伝させていただきます! お問合せ shop@hobbysworld.com

三脚・雲台

望遠鏡

双眼鏡

雑貨・小物

バック・巾着・雑貨

手捺染日本手ぬぐい

手捺染日本手ぬぐい

1,500円(税込)

置物・時計

KIKORI フクロウの時計

KIKORI フクロウの時計

16,800円(税込)
KIKORI エナガの時計

KIKORI エナガの時計

29,400円(税込)

ピンバッチ・ストラップ

ポスター・ポストカード

ステッカー・シート

カービング関係

フィールドグッズ

迷彩・ブラインド

衣類・手袋・帽子

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4